Cpari取り扱い商品をご自宅へお届け!

プライベートヘアサロンCapriで取り扱いの商品が、オンラインストアでお買い求めいただけるようになりました。

どの商品も、オーナーが厳選して選んだものばかりです。

ご自宅でもサロンの仕上がりをお楽しみ下さい。


オンラインストアはこちら

スタイリングの秘訣

悩んでる人って意外と多い?? 分け癖の秘密

悩んでる人が意外と多い「分け癖」について教えちゃいます。

 

分け目のないカットはあたりまえじゃない⁉

  • 分け目が気付くとついている。
  • いつも同じ場所でパカっとなる。
  • なんだかペタっとボリュームがでないし、その部分の毛が薄くなってきた気がする。

そんな悩みの声を聞く事がたくさんあります。

私自身、お店をオープンさせた時は、今まで勤めていた美容室からかなり離れた土地で始めたので、お客様はほぼ新規の方

そして、いらっしゃるお客様の大体が分け目がちゃんとあるスタイルの方が多かったんですよね。

お客様のカットをする際に、私はこう言います。

 

明花音
明花音
どこで分けても良いようにカットしますね

 

 

これ、めっちゃ当たり前の事だと思ってたんですけど、

どうやらそうでもないらしい。

 

分け目変えると、どちらかピョーンって長い髪の毛が出てきたり、収まりがなんだか悪かったり。

 

もしそのような悩みをお持ちの場合は、担当の美容師さんに

「どこで分けても良いように切ってください」

ってお願いしてみてくださいね。

 

分け目をつけない方がいい理由

なぜ分け目をキチンとつけない方が良いかと言うと、理由は大きく2つ。

理由1つ目

最初に書いた、悩みになりやすいんです。

パカっと分かれて、ボリュームがない。
薄く感じる。

同じところで分けてると、紫外線も当たり続けますから、毛も細くなってきます。

 

ボリュームって、若い時には感じにくいけど「若々しさ」の象徴でもありますからね。

 

理由2つ目

私たち世代から悩み始める白髪。

分け目がついていると根元がハッキリ見えるので、白髪も目立ちやすくなってしまいます。

分け目あり

 

分け目なし

ねっ

これも分け目をギザギザに取ればいいだけなんです

 

というわけで、この2点をふまえると、分け目というのはなるべくはっきりつけないヘアスタイルが良いと思うのです。

 

分け目を出来ににくするコツを教えちゃいます

ギザギザにしようが、なにをしても最終的にいつもパカっとしてしまう!

という、そこのあなたへレクチャーいたしますね。

 

お風呂上がりの髪の乾かし方

お風呂上がりに直ぐに髪を乾かしますか?

それとも、しばらくタオルを巻きつけるなり、なんなりして、しばらくしてから乾かしますか?

 

正解は、直ぐに乾かすです。

 

根元は体温が高いので、自然に乾きやすいんですよね。

そして乾いてしまうとそこからいくらブローしようがなにしようが、直らないんです。

なので、ちゃんと根元も濡れている状態から乾かし始めます。

 

乾かし始める部分

いつもどこから乾かしてるか、気にしてますか?

分け目を作らないためには、いつも分け目がついてしまう部分から乾かし始めるのがポイント。

 

「分け癖」は長年積み重ねてついてしまった癖であるけれども、直らないわけではないんですよ。

ギザギザと動かす事で、毛穴から真横に倒れてしまっていた毛が立ち上がってくるので、分け目も消え、ボリュームが出てきます。

 

 

分け目をつけなくてもいいカットと乾かし方と手入れさえちゃんとすれば「分け癖」の悩みは解消されるはずです。

 

 

是非このやり方を試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

ご予約、ご相談はLINEもしくは右下のチャットからお気軽に

LINEはこちら

5周年記念プレイベント開催中

『クチコミ投稿キャンペーン』実施中

プライベートヘアサロンCapriにご来店いただいたお客様限定で、グーグル検索で表示される店舗情報に口コミをご投稿いただきましたら、次回ご来店の際にクオカード500円分を差し上げます。

詳しくはこちら